Pinkie's Lament
Pinkie's_Lament_-_日本語吹替え

Pinkie's Lament - 日本語吹替え

エピソード ピンキーのプライド
キャラクター ピンキーパイ
Shannon Chan-Kent
作曲 Daniel Ingram
Steffan Andrews (オーケストレーション)
作詞 Daniel Ingram
長さ 2:28
シーズン シーズン 4
Pinkie's Lament (Album Version)
長さ 2:31
シーズン シーズン 4

Pinkie's Lamentピンキーのプライド のエピソードで登場した歌である。最後の歌詞はPinkie the Party Planner と同じメロディーになっている。この曲ではチーズサンドイッチがレインボーダッシュ の誕生会の主導を引き継いだ後、ピンキーパイ は自分が必要なくなったことに嘆く。しかし過去のパーティを思い出して、誰もが頼るパーティプランナーの肩書を取り戻す決意を新たに固める。

Pinkie Pie's Party Playlistの7番目のトラックに収録。

経緯

Amy Keating Rogersはミュージカルの「エビータ」の曲「Don't Cry for Me Argentina」を基に作曲した。​[1]

歌詞

Pinkie Pie on Sugarcube Corner balcony S4E12.png

[ピンキーパイ]
私が望んだのは
仲間たちの笑顔よ
間違いかな?
もうパーティは 終わったの
元気を出してみよう
チャレンジもしてみよう
新しいこと
私にできる パーティ以外のこと
大砲をしまって 風船片付けよう
幸せも これで終わり?
夢も……
あぁ これ覚えてる。最初のパーティだ。家族のみんなと楽しんだのそしてこれはトワイライトの歓迎パーティ。彼女ったらすごく驚いてた。[笑い] 見て、ガミーの顔!誕生日でとっても喜んでるでしょ?んー、シャイニングアーマーの結婚式は特別だった。特に私が音楽を流した時から。
幸せそうな笑顔
私のパーティ
笑わせて 楽しんだ
あふれる笑顔
愛された 本当のピンキー
今までにない楽しい時間!
今までにない
早くいかなきゃ 成果を見せよう
最高のパーティポニーは ピンキーパイ
ライバルには決して負けない
私はピンキー 最高のパーティプランナー!

脚注

  1. Amy Keating Rogers (2014-02-01). The tune in my head.... Twitter. 参照日時:2014 2月 1.

テンプレート:Songs

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。